最強の翻訳サービス徹底調査ガイド

サイトマップ

最強の翻訳サービス徹底調査ガイド

個人・ビジネス問わず使える翻訳サービス選びの決定版

  • アメリカ国旗
  • 韓国国旗
  • 中国国旗
  • スペイン国旗
  • ドイツ国旗
  • フランス国旗
  • タイ国旗
  • インドネシア国旗
最強の翻訳サービス徹底調査ガイド » ヨーロッパ・アジア言語の翻訳サービスまとめ » タイ語の厳選会社リスト

タイ語の厳選会社リスト

日本語からタイ語へのローカライズでおすすめできる翻訳サービス会社を厳選。「料金(※)」「納品スピード」「特徴」で比較してみました。

日本語からタイ語への翻訳でおすすめのサービスは?

ますますニーズの高まりが予想されるタイ語の翻訳サービスについて、「料金(※)」「納品スピード」「特徴」で比較しています。

(※)「料金」は、日本語からタイ語に翻訳した場合の日本語1文字あたりの金額です。

翻訳サービス名 料金(※) 納品スピード 特徴
Gengo 5円~ 速い ・タイ語を含む、35ヵ国語を超える言語の翻訳に24時間対応。
合格率5%の厳しいテストをクリアした翻訳者だけが担当。
アミット 8円~ 普通 ・中国語、広東語、台湾語などアジア言語の専門翻訳会社としてスタートし、タイ語についても多数の実績。
・リピート率90%以上という顧客満足度の高さを誇っている。
Spring Hill 11.7円~ やや速い ・タイ語をはじめ30ヶ国語以上にネイティブ翻訳者が完全対応できる体制をとっている。
・ネイティブによる翻訳を相場の25%~50%の価格帯で提供。
スピード翻訳 by GMO 7円~ 速い ・翻訳の申込から納品までをワンストップで 24 時間 365 日いつでも対応。
・独自のトライアルテスト(合格率 20%)によって選抜された精鋭の翻訳者が担当。
国際事務センター 22円 やや速い ・医学、経済、法律、技術、特許といった高い専門性を求められる分野に特化。
・約40年の翻訳サービス提供実績がある。
グローヴァ 案件ごとに打ち合わせ 普通 ・IT翻訳、工業翻訳、医薬・化学翻訳など産業翻訳に定評がある。
・8,000以上の企業・官公庁との取引実績がある
クロスインデックス 12円~ やや速い ・もともと企業の海外進出コンサル・調査を本業とし、ビジネス実務翻訳に強い。
・タイ語、スペイン語、ポルトガル語、英語、フランス語をはじめ計340言語に対応。
conyac 6円~ やや速い ・世界50,000人のバイリンガルに翻訳を依頼することができるクラウドソーシングサービス。
・依頼者の96%がクオリティに満足と評価している。

Gengoのタイ語翻訳を評価する理由

観光客数の増加など、ますますニーズの高まりが予想されるタイ語翻訳。数あるサービスの中で、最もおすすめはGengoとしました。

理由は、第一に品質の高さ。一般的に英語や中国語といったメジャーな言語に比べて、新興国の場合はそもそも翻訳者の数が少なく、かつレベルに疑問があるケースも少なくありません。中には十分なレベルチェックを行わずに、その言語のネイティブであるというだけで翻訳を担当させているというケースも、中にはあるでしょう。

一方、Gengoの場合は、翻訳者の採用にあたり、合格率5%とも言われる厳しいテストを設けており、品質の担保を実現しています。しかも費用は翻訳1文字あたり5円~ミニマムチャージなしと業界最安水準。高いコストパフォーマンスで、ビジネスを支援してくれるでしょう。

タイ語翻訳を考える場合のポイント

タイ語は非常に複雑とされる言語で翻訳にも苦労しますが、翻訳に関してはまずフォントの問題があります。タイ語を表すタイ文字には、声調記号と呼ばれるものが存在しているのですが、「平声」「低声」「下声」「高声」「上声」を示す声調記号はタイ文字の上に位置するため、タイ文字を正確に表現できるフォント選びにも難航しがちなのです。

タイ文字を正確にあらわすフォントを利用したり、行間やスペースの開け方にもよく注目したりと、細かな気遣いがなければタイ語は全く別の意味になってしまいます。

そもそもタイ語とは

そもそもタイ語とは、13世紀にカンボジア語を基にして作られたもの。タイ全土で使用されていますが、ラオス語との共通点も多く見られます。タイでは英語の普及率もあまり高くないため、ビジネスシーンにおいてタイ語の翻訳能力は必要不可欠です。

タイ語を正確に使いこなすには、文字の上にある声調記号を理解することが近道となります。タイ語の場合は発音が少しでも違うだけで全く別の意味になってしまうため、正確なタイ語の理解力が必要になります。翻訳サービスを活用するかを検討すると良いでしょう。

タイ語翻訳と単語

タイ語を翻訳する際、一つ一つの単語は英語で表記することが一般となっています。タイ人にとってその方が伝わりやすくなることが理由です。

タイ語を英語で翻訳する際に注意することは、文章を完結で端的に表現することが大切。英語では文字数が多くなりがちですから、文字数制限がある際や広告・パンフレットなどで完結に言い表すべき場面などでは、文字数の多さがネックになりやすいのです。

タイ語翻訳と表現

タイ語は日本語と同じように文語や口語、丁寧語などいろんな表現方法を持つため、きめ細やかな翻訳が要されます。日本語のように「です」「ます」など簡単に文末を変えるのではなく、口語と文語でタイ語は発音や言葉そのものが変化します。そのためタイ語の知識が深くないと、正確な翻訳ができないのです。

繰り返しとなりますが、タイ語は声調記号によって細やかに意味を変化させます。PCなどを使って作業をする場合、タイ語を正確に表現できるフォント選びによく注意しておきましょう。

タイ語翻訳を頼むなら翻訳会社がオススメです

タイ語は他の国の言語と比べると、かなり複雑な仕組みをしています。習得するのも一朝一夕というわけにはいきませんし、翻訳アプリなどに頼るのも、性能の面で心許ないのが現状。

タイ語の翻訳が必要になったら、独学やアプリには頼らず、専門家に依頼するのがおすすめです。翻訳会社ならタイ語翻訳に必要な細かな工夫・配慮も欠かさないでしょう。

[PR]
後継者問題を解決するM&Aアドバイザリー企業を紹介

 
最強の翻訳サービス徹底調査ガイド