最強の翻訳サービス徹底調査ガイド

サイトマップ

最強の翻訳サービス徹底調査ガイド

個人・ビジネス問わず使える翻訳サービス選びの決定版

  • アメリカ国旗
  • 韓国国旗
  • 中国国旗
  • スペイン国旗
  • ドイツ国旗
  • フランス国旗
  • タイ国旗
  • インドネシア国旗
最強の翻訳サービス徹底調査ガイド » ヨーロッパ・アジア言語の翻訳サービスまとめ » ドイツ語の厳選会社リスト

ドイツ語の厳選会社リスト

日本語からドイツ語へのローカライズでおすすめできる翻訳サービス会社を厳選。「料金(※)」「納品スピード」「特徴」で比較してみました。

日本語からドイツ語の翻訳で信頼できる翻訳サービスは?

EU圏内で最大の母語人口を誇るドイツ語について、納品スピードや質などコストパフォーマンスにこだわった翻訳サービスを厳選比較しています。

(※)「料金」は、日本語からドイツ語に翻訳した場合の日本語1文字あたりの金額です。

翻訳サービス名 料金(※) 納品スピード 特徴
conyac 6円~ やや速い ・世界50,000人のバイリンガルに翻訳を依頼することができるクラウドソーシングサービス。
依頼者の96%がクオリティに満足と評価している。
Spring Hill 11円~ やや速い ・「ネイティブによる翻訳」を「相場の25%~50%の価格帯」で提供してくれる。
・ドイツ語をはじめ、30ヶ国語以上にネイティブ翻訳者が完全対応できる体制をとっている
クロスインデックス 11.3円~ 普通 ・もともと企業の海外進出コンサル・調査を本業とする。
・ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、英語、フランス語をはじめ計340言語に対応。
INTERBOOKS 15円~ やや速い ・ドイツ語を含むヨーロッパ系言語で、レベルの高いネイティブ翻訳者を抱える。
・翻訳ばかりでなくDTP・編集、出版、なども幅広く手がける。
国際事務センター 20円 やや速い ・医学、経済、法律、技術、特許といった高い専門性を求められる分野に特化。
・約40年の翻訳サービス提供実績がある。
ロゼッタの専門翻訳サービス 案件ごとに交渉 普通 ・機械と人力を融合した翻訳サービス。
・品質、納期、コスト、翻訳業務管理に関するオプションが豊富。

Contyacのドイツ語翻訳を評価する理由

ドイツ語の翻訳会社でイチオシとしたConyacの強みは、50,000人のバイリンガルユーザーがトランスレターとしてスタンバイしている点。

ニュースリリース、契約書といった正式なビジネス文書の翻訳クオリティはもちろんのこと、現地の習慣や文化がベースにある、現地人が馴染みやすい表現を行ってくれるので、Webサイトに掲載するマーケティング、販促のためのコンテンツも安心して任せることができます。

ドイツ語翻訳を考える場合のポイント

ドイツ語は産業面などでのニーズが高く、ルクセンブルグ・オーストリア・ベルギーを中心に使われている言語です。工業分野や医療分野などでドイツの技術が必要な面も多く、さまざまな製品を輸入していることもあり、ドイツ語は日本にとっても身近な言語といえます。

ドイツ語翻訳は専門知識が必要となる分野で必要となる機会が多いため、翻訳会社選びに関しても大事なポイントをチェックしましょう。

そもそもドイツ語とは

ドイツ語の最大の特徴として、単語に性別があることです。 英語でも同様の表現はありますが、ドイツ語は全ての名詞に性別をあらわす定冠詞がついています。

性別は男女だけでなく中性のものまであるのも特徴。扱いによって意味が異なるため、ドイツ語は高度な翻訳技術が求められる言語のひとつと言えるのです。

ドイツ語翻訳を頼むなら翻訳会社がオススメです

ドイツ語は、英語よりも文法が複雑化しており、ひとつの単語にしてもその表現や解釈は何通りにもなります。このような複雑な言語の翻訳は機械翻訳に頼ってしまうと本意ではない結果になってしまうリスクがあります。

イツ企業とのやり取りでの翻訳ミスは先方の信頼を損なうことも。 ミスのない翻訳や先方の信頼を得るためには、ネイティブチェックを取り入れている翻訳会社を活用することがリスクの低減になるといえるでしょう。

翻訳サンプルの確認

翻訳会社を使ったからといって、必ずしも期待した品質のものができるとは限りません。品質は、会社や翻訳担当者によってさまざまです。どの程度の品質か確認するには、依頼先の会社が過去に翻訳したサンプルを確認しておくと安心でしょう。しっかりした翻訳会社であれば、翻訳した後に校閲・校正といったチェックが入っています。

また、翻訳された書類の表現方法・読み手が読みやすい・理解しやすいかといった部分もチェックしておくべきです。

得意分野・専門知識があるか確認する

翻訳会社に依頼する場合、その会社の得意分野・専門知識の有無を確認しておきましょう。 依頼する翻訳書類によって、専門知識や得意分野の有無で品質が左右される場合もあります。

たとえば、本質とは解釈が違う・細かいニュアンスがつかめていないといったような書類が納品されることもあるかもしれません。 求める分野の過去の実績や翻訳者の評価といった部分も参考にしておくと安心です。

目的やターゲットに適した翻訳会社を選ぶ

翻訳する書類によってターゲットや目的はさまざまです。 たとえば、宣伝を目的にしている場合は、セールス要素といった読み手に行動を促すような翻訳が求められます。

一方で、マニュアルや説明書といった翻訳の場合は、原文に忠実な翻訳が求められます。 このように、目的やターゲットに適した翻訳会社を選ぶことが重要です。

[PR]
後継者問題を解決するM&Aアドバイザリー企業を紹介

 
最強の翻訳サービス徹底調査ガイド